富士市神戸止水栓交換 お客様の声

富士市神戸 トイレ水漏れ修理
一般のお客様からトイレの床が水で濡れているため点検に来てほしいと依頼を頂きました。
お伺いしたとき床を拭いておられ濡れてはいなかったので、まずどこが濡れているのか確認しました。ただ便器の縁に沿ってお水が滲み出て来たみたいに濡れていたので、まずお水の色が濁って色がついていないか確認し、今回は色がついていないため排水関係ではないと思い、いろいろと調べてみました。まずはタンクと便器の接続部分からの水漏れではないかと思い、4、5回トイレのお水を流しトイレの裏側をのぞき込み確認してみました。ライトを当てずっと見ていましたが水漏れはありませんでした。
次にウォシュレットから水漏れがないかを確認しましたウォシュレットの周りを見て水漏れしていないようないようなので、今度はお尻やビデを使いお水を出してみました。このとき水の出す勢いを強弱で強さを強くしてはじいた水が便器と便座の隙間から漏れているのかもと確認してみましたが、漏れている気配がありませんでした。
最後に止水栓を調べてみました。手で触ってみると少し濡れていましたので、はじめは結露かなとおもい、止水栓の水滴をタオルで拭き少し待ってみました。時間を置いてもう一度触ってみると、止水栓のナットの部分からじわじわとお水が漏れてきていました。原因は止水栓からの水漏れでした。
この止水栓というものは、台所や洗面所にも付いています。もし蛇口からなどから水漏れした場合、元栓でお水を止めなくてもこの止水栓でお水を止めることができます。止水栓でお水を止めていただければ、ほかの場所では普通にお水を使うことができます。
今付いている止水栓は、マイナスドライバーなどで回してお水を止めるタイプが付いていました。これだど緊急時マイナスドライバーを探さなくてはなりません。マイナスドライバーを差し込んで回すのではなく、ハンドル式の止水栓、手で回せるものを在庫として持っていましたので、こちらに交換していただいたほうがいいと思いお勧めしました。
お客様も今回の水漏れで、緊急時にすぐお水を止めることができるのならと止水栓をこうかんしていただくことになりました。作業には一度家全体のお水を止めなければならないため、少しの間お水をとめ止水栓の交換をおわらせました。最後に止水栓からお水が漏れていないか確認し終了です。

どこからお水が漏れているのかわからなかったので、トイレに入るたびに床が濡れている状態でしたのでお掃除が大変でした。これで安心してトイレに行けます。本当にありがとうございました。