富士市本市場 洗濯蛇口部品交換

富士市本市場 洗濯蛇口部品交換
洗濯蛇口から水漏れがあるので修理してほしいと依頼がありました。
このときは作業中だったため、お伺いするのに少しお待ちしていただくことになりましたが、お客様から急いではいないとのことでしたので、少しお待ちしていただくことになりました。
電話をいただき1時間ほどでお伺いすることができ、すぐに点検をさせていただきました。
蛇口のタイプはハンドル式の蛇口で、蛇口を細かく分解でき、部品で直すことができます。カバーナットからみずがもれています。カバーナットの中にはパッキンが入っています。このパッキンで水が漏れないようになっています。このパッキンが老朽化しておりお水が漏れていました。
水道メーターの横にあるバルブでお水を止めさせて頂きパッキンを交換しました。
今回1つ気になるところがあり、いま使用されている蛇口は全自動洗濯機用の蛇口ではありません。昔の二層式の洗濯機ようです。蛇口と洗濯機をつなぐホースを使用するとき蛇口の先端に器具を取り付けます。その器具はボルトで固定しているだです。
洗濯をするときお水を出したままにします、そして洗濯が終わったら蛇口を閉めてお水を止めます。全自動洗濯機だと脱水など自動でしてくれますがそのとき、お水も自動で止めてくれます。それでも蛇口は開いたままで水圧がかかっています。ボルトで止めている器具の部分に水圧がかかり、少しでもボルトが緩んでいると圧力で器具が外れてしまい水漏れを起こしてしまいます。
こういったことを防ぐために部品や全自動洗濯機用の蛇口があります。
今回は部品を交換していただくことになりました。
作業は簡単です。既存の蛇口のスパウトを外し、外した部分に部品をつけてあげるだけです。あとはホースを接続して交換は終了です。
これが最近の蛇口でしたら、部品だけの交換ができなかったかもしれません。もしくは分品交換できる物でも、取り寄せに時間がかかる事もあります。その時は蛇口の交換か部品の取り寄せを待っていただかなくてはなりません。
蛇口にも色々と種類が有ります、今回の蛇口は単水栓と言われており、よく目にするのが洗濯用の蛇口が有ります。この蛇口だと上記で述べたように細かく分解できるので、修理や便利な部品の交換がすぐにできます。
例えばスパウト(水が出てくるパイプのこと)を交換することにより、水の出口の高さを変えるスパウト、長さを伸縮できるスパウト、曲げる事が出来るスパウトと用途に合わせて変える事ができます。
当社は急な水のトラブルを迅速に解決する為に様々なタイプの蛇口や部品を車内に在庫しています。
これらの作業なら時間もかかりません、もし交換されるなら当社に一度ご連絡ください。