富士市米之宮町 蛇口交換

富士市米之宮町 蛇口交換
一般のお客様より、浴室の蛇口からポタポタと水が漏れ修理をお願いしますとお電話を頂きました。
現場に向かい水漏れ具合がどうなのか蛇口を点検しました。現在使用されている蛇口は、お水とお湯がハンドルタイプの蛇口を使用しており、厳密にはお水の方からかなりの早さでポタポタと漏れていました。
お客様とお話したところ以前も浴室の蛇口からお水が漏れてきていたので、浴室の蛇口は修理をしたみたいです。そのときはお湯側からもれていたのでパッキンを交換したようです。今回もお水側のパッキンを交換したら直ると思われますが、お話では蛇口は家を建てられた時からの物で、使用が25年使われているみたいなので、蛇口本体が壊れてしまっているかもしれません。そのときはパッキンを交換しても水漏れは直りません。お客様にご説明しパッキンを交換してみました。パッキンの交換を完了し一度お水を通してみると、ポタポタと水漏れしてきました。現状をお客様に見てもらい新しいパッキンを交換しても水漏れが直らないことを確認してもらい、蛇口の交換を薦めることにしました。
現在使用されているのはハンドルタイプの蛇口になります。今最も販売されている蛇口はレバータイプの蛇口になります。こちらだとお湯に温度設定がレバーで設定できるものなので、ハンドルタイプと違って毎回温度調整する必要がありません。それとシャワーヘッドが昔の物に比べて構造が変わっているため、水道代の節約にもなります。
一度お見積もりを作りお客さんにお渡いて、検討していただくことになりました。
後日連絡があり当社で作業していただけるようになり、お見積もりの浴室の蛇口の交換になりました。浴室の蛇口は在庫として持っていたため作業はすぐにすることができます。お客様に確認を取り交換の日程を決め後日交換をしました。
壁付に取り付けるタイプ蛇口になります。この蛇口のタイプでしたらご自分でも作業をすることはできます。まずは蛇口本体をカタカナのハの字になっている部分(クランクといいます)から取り外します。ここはナットになっていますので工具で取り外します。
次に壁についているクランクを取り外します。クランクは反時計回りに回していただくと外すことができます。水とお湯二本ありますので両方とも外してください。外したら壁の配管のねじ山の部分に残ったシールテープのカスなどが残っているので綺麗に取り除いてください。ここ綺麗にしないと取り付けたときに水漏れの原因になります。
次にクランクのねじ山の部分にシールテープを巻きます8周ほど巻いていただき、壁に取り付けます。今度は時計回りに回し取り付けます。取り付けるとき最低3周以上は回して下さい。あと少しでも反時計周りに回してしまうと水漏れしてしまうので、注意してください。
最後に蛇口本体を取り付けるのですが、ここからが難しい所です。初めて蛇口の交換をされると蛇口本体が斜めに傾てしまうかもしれません、そうなると見栄えが悪いので、また始めからやり直しになるかもしれません。そのためにクランクを取り付けるとき、左側を時計の針が11時ぐらいの位置、右側を10時ぐらいの位置で蛇口本体クランクに取り付けてください。蛇口が斜めに傾いているため、ここからクランクをゆっくり時計回りに回しながら蛇口本体が水平になる様にしてください。最後にクランクのナットをきつく締めシャワーなどを取り付け、水漏れがないかを確認し終了です。