沼津市緑が丘 ローポンプ作業

沼津市緑が丘 ローポンプ作業
今回はトイレの交換作業を紹介します。
依頼内容がトイレが詰まってしまったので、すぐに来てもらえますか?と依頼がありました。住所を教えていただき、調べてみると丁度近場で作業が終わった後だったため、10分ほどでお伺いすることができました。
トイレの詰まり依頼なので、詰まっているカ所で修理方法が変わりますので、まずトイレのどこで詰まっているのか、探さなくてはなりません。つまりを探す方法はまずはトイレのお水を流します、お水を流して直ぐに便器の中の水位が高くなってくる場合、ほぼ便器の中で詰まっている可能性が高くなります。次に屋外の配管が詰まってしまい、お水が流れなくなってしまう可能性があるので、一度屋外の配管を調べに行きます。配管の中を見ることができる、桝(ます)というものがあります。桝には蓋がしてあるのですが、配管で詰まってしまうと、蓋が外れトイレのお水を流すたびに、ここから溢れてくる場合があります。溢れていた場合はすぐにわかるのですが、溢れていないと蓋を開け中を見てみたいとわかりません。配管の中を見て汚水で溢れそうなら屋外の配管で詰まっていることがわかるのですが、今回はトイレのお水を流したら、便器の中の水位がすぐ高くなったのでおそらくは便器の中で詰まってしまったのではないかと思います。
修理方法は、ローポンプという空気を送り込んで奥で、詰まっているものを押し出す道具を提案しました。これで詰まりが解消されなければ一度便器を取り外すしかありません。
まずローポンプで便器の中の穴を塞ぎ、トイレのお水を少し流します。次に何度か詰まっている物に空気を送り込んでいきます。
ローポンプを使い空気を送り込んでいくうちに、少しお水が抜けていくように感じました。再度ローポンプを使い空気を送り込んで、詰まりが解消されたのか確認のため一度お水を流してみると、スムーズにお水が流れていきました。これで詰まりは解消されました。一度お客様に詰まりが解消された、状態を見てもらい、トイレのお水を流した時に異常がないかを見てもらい、問題がなければあとは、5回ほどトイレットペーパーを流して再度詰まりがないようでしたら終了です。
当社ではローポンプを使いトイレのつまり修理をしています。この方法だと金額も抑えて修理ができます。ただしこの方法でも詰まりが解消されないケースもあります。
トイレが詰まったときは一度当社にご連絡ください。