沼津市西沢田 止水栓交換

沼津市 トイレ水漏れ修理
今回はトイレ水漏れ修理を紹介します。
朝お客様からお電話がありました。トイレの床が水浸しになっているのだけど原因がわからないから至急修理をお願いします。とお電話を頂きました。
今日はすぐにお伺いできるため、ご住所を聞き場所を調べてみると、近くの場所だったため45分ほどでお伺いできることをお伝えすると、お願いしますと返事を頂いたので、すぐにお客様宅に向かいました。
お客様のお宅に到着するしトイレに入ろうとしましたが、床が水浸しなっているため、一度タオルで床や便器など濡れているカ所を拭き水気を取って点検しました。
お伺いする前に、お電話でお客様に家全体のお水を止めて頂き、お水が出ない状態になっていましたが、トイレのお水を流してどこからかお水が漏れていないかを確認してみました。
タンクからお水が漏れてはなく、便器の後ろ側も手で触っても濡れてはなく、便器の横から裏側を目で確認してみましたが、漏れている様子はありませんでした。
もう一度、タンクの中にお水をためて、もう一度流してみようと思い、お水を開通してみました。通水してタンクの中にお水が溜まるまでの間、もう一度先ほど点検した個所を調べてみました。便器やタンクからの水漏れはありませんでした。その時止水栓の付近で小さい水たまりができていたので、止水栓とタンクへ繋がっている給水ホースの接続部分を手で触ってみると手がお水が漏れていました。他に水漏れの原因がないか調べてみましたが、他のカ所は問題がなかったので、この接続部分からの水漏れが原因でした。
原因がわかったので、もう一度お水を止め、お客様に原因をお伝えし修理内容をお伝えしました。
今回はパッキンを交換しても直るのですが、今後トイレで水漏れが起きたとき、トイレの止水栓で簡単にお水を止めることのできる、アングル止水栓というものに交換していただくことになりました。このアングル止水栓とは先端に手で回すことができるハンドルが付いており、水漏れのたびに家全体のお水を止める必要がなく、またトイレで水漏れが起きた場合、簡単にトイレだけお水を止めることができるものです。
交換はすぐにできます、いくつか車の中に在庫として持っており作業も10分ほどでできます。
作業をする前に、もう一度家全体のお水を止めます。止めていないと止水栓を外した時にお水が吹いて大変なことになるので注意してください。
作業は現在付いている止水栓を反時計回りに回すと取り外すことができます。止水栓を外すとき給水管が古いと管が折れてしまったり、ねじ山が欠けてしまい水漏れの原因になりますので、慎重に外してください。次に新しい止水栓を取り付けます。まずは止水栓のねじ山の部分に、シールテープを巻きます、次に私の場合はシールテープの上にヘルメチックという液体を塗ります。そして、止水栓を取り付けます。取り付け終えたら給水ホースなどを接続して、もう一度通水をします。最後に止水栓やホースなどを接続した部分から水漏れがないかを確認し、問題がなければ終了です。
止水栓やトイレの水漏れが発生したときは一度当社にご連絡下さい。