富士宮市光町 便器脱着作業

富士宮市光町 便器脱着作業
今回はトイレ詰りの修理の説明をします。
一般お客様の洋式トイレが詰まって溢れてしまっているので、すぐに来てほしいとの電話が有りました。
至急お客様のお宅へ伺わせていただき、すぐにトイレを点検させてもらいました。トイレに入って便器を見てみると詰まっている様には見えませんでした。ただお水の中にペーパーのカスが浮いていました。
お客様は何回かお水を流してみたのですが、流した後5分をたつとお水が引いて元通り詰まっていないような状態に戻ると言われていました。
修理方法を考えるため、まず便器内の水を汲みだして、長いゴム手袋を装着して便器内に手を入れて調べてみました。手を入れてすぐの場所で詰まっているのなら、搔き出してあげればそれだけで詰りは解消されます。
しかし手を入れても何もないため、便器内の奥の方で詰まっている可能性があります。
今回は便器内の奥の方で詰まっていると思われるため、ローポンプを使い詰りの除去をすることにしました。ローポンプで何回も水圧を掛けてみましたが詰りは解消されません。一度便器を取り外してみるしかないと思い、お客様に現状をお伝えし便器を外すしみることにしました。
作業を進めトイレを取り外し便器を横に倒し中をみてみると、トイレットべーパーが詰まっていました。トイレットペーパーを取り除いて量を見てみると、かなり大量のペーパーが詰まっており、一回で大量のペーパーを流してしまったのがつまりの原因でした。
詰りを除去した後、床と便器をきれいにして帰りました。
当社ではローポンプという機械を使っていますが、他社では高圧ポンプという機械を使う業者もあります。この高圧ポンプは一度空気を溜め、溜めた空気を一気に出し詰まっているものを押し出す機械です。トイレの詰りが酷いときこの高圧ポンプを使うと凄い圧力が掛かってしまうため、便器が割れてしまう事が有ります。当社ではローポンプというそこまで強くない圧力で詰りを除去する機会を使用しています。まず便器の割れるということはないので安心して任せてください。
トイレが詰まってしまった時には、一度当社にご連絡ください。