富士宮市大中里 便器交換

富士宮市大中里 便器交換
今回は便器の交換作業を紹介します。
依頼内容はトイレのタンクの中から水が漏れているという依頼でした。
トイレのタンクの中での水漏れは、ほとんどの場合がボールタップとフロートバルブの劣化が原因で水が漏れます。
点検してみると上に書いたように部品の劣化が原因でした。お客様のお話では、今使用されているトイレは30年ほど使われており、修理も一度したことがあったかもしれないというぐらい長持ちしていましたので、今後のことも考えトイレの交換を提案してみました。もちろん部品での修理も可能なためお見積りを一緒に出して説明しました。
お客様からは、今は2人暮らしだからと部品での交換修理ということになりました。
部品は常に在庫として持っていましたので、すぐに修理はできます。部品を新しいものに交換して、最後に水漏れがないかを確認して終了しようと思い、お水を流してみました。するとフロートバルブが閉じなくなり、タンクの中のお水が常に出っ放しになってしまいました。
止水栓でお水を一旦止め、タンクの中を確認してみると、タンクの内壁に発泡剤が張られており、その発泡剤が内がへ膨らんでフロートバルブが引っかかり閉じなくなっていました。この発泡剤は修理や張替ということが不可能なので、トイレを交換していただくしかありません。
すぐにお客様に報告して、事情を説明しトイレの交換をしていただくことになりました。トイレはお取り寄せしないといけないためどうしても日にちがかかってしまいます。それまでの間、閉じないフロートバルブを長い棒で上から押してあげれば閉じることができるので、交換までの間はそのように対応していただきました。
トイレ交換の作業は一度便器とタンクを外し、新しい便器を取り付けるため、排水部分を加工して新しい便器を取り付けて完了です。
最後に水漏れがないかを確認し終了しました。