沼津市青野 密結パッキン交換

沼津市青野 密結パッキン交換
一般のお客様から、トイレのお水を流すとトイレの後ろの方から、お水が漏れて床が水浸しになるので直せますかという依頼を頂きました。
お客様のお宅に到着するまでの30分程でしたので修理が終わるまで、できるだけトイレの使用を控えていただきました。
早速点検のためトイレのお水を流してみることにしました。お客様の言われた通り、トイレの後ろから水が漏れて床が水浸しになってしまいました。一度タオルで床を拭き、今度は便器の裏の方を見ながら、水の量を減らし流してみました。すると便器とタンクのつなぎ目からお水が漏れてきているのがわかりました。お水を少ししか流していないのに、かなりの量がここから漏れてきたので、一度タンクを取り外して見ようと思いました。
なぜタンクを取り外してみようかと思ったのは、古いタイプのトイレだと、便器とタンクの間にパッキンが使用されています。このパッキンがないとつなぎ目からお水が漏れてしまうため、水漏れ防止に使用されています。
タンクを取り外し、パッキンを確認してみたところ、かなり劣化してパッキンが変形してました。修理はこのパッキンを交換してあげるだけで直ります。
新しいパッキンを付け替え後はタンクを便器に取り付けてあげると作業は終了です。ただここで問題なのは、タンクを取り付けるときに注意しなければいけないことがあります。タンクの底にボルトが二本あります、便器には穴が二つ開いており、ボルトを穴に通してナットで締め付け固定します。その時パッキンが間に挟んでいるためどうしてもタンクがぐらついてしまいます。ぐらつかないためにナットを締め付けて固定するのですが、先に片方だけナットを締め付けてしまうと、タンクが陶器でできているため割れてしまいます。何回かに分けて交互にゆっくり締め付けていき、タンクがぐらつかないようにこうていします。
タンクを取り付けが終わったので今度はトイレのお水を何回か流して水漏れがないかを確認し終了です。