沼津市千本中町便器交換

沼津市千本中町便器交換

今回はトイレの交換作業を紹介します。
お電話を頂き、お客様からトイレの水が止まらない為、すぐにでも来てほしいと言われました。今回は丁度近場で作業をしていたため、それほど時間をかけずにお伺いすることができました。
お客様がすごい慌てている様子だったため、すぐに点検に取り掛かりトイレを見てみると、常にトイレの水が流れている状態で、一度止水栓でお水を一旦止めることにして、お客様に一度お話を聞きいてみることにしました。トイレを使用した後にお水を流すと、それからお水が止まらなくなったようでした。再度点検するためタンクの蓋を開けてみると、排水弁(タンクの中にお水をためる部品)のオーバーフロー管という部分が根元から折れていました。このオーバーフロー管が折れてしまうと、タンクにお水を溜めることが出来なくなり、常にお水が流れている状態になってしまいます。あと他にも水漏れとは関係ないのですが、タンクの内側には発泡材(タンクの結露防止)というものが付いており、発泡材がかなりはがれてきていました。発泡材はトイレを長年使用していると、タンクと発泡材の間にお水が浸入し膨らんできたり、剥がれても来ます。この発泡材の修理は不可能なためこのまま使用していますと、タンク内の他の部品の動作を阻害してタンクの中にお水が出なくなったり、お水が出っぱなしになってしまいます。
今回点検してみると上に書いたような劣化があっため一度トイレの交換をお勧めしてみることにしました。もちろん部品での修理も可能なためお見積りを一緒に出して説明しました。
お客様のお話では、今使用されているトイレは家を建てたときから使用されており、そろそろ限界がきたのではということで、奥様はトイレの交換を了承してくれました。しかしご主人に一度相談してみたいとわからないため、返答を後日にしていただき、応急処置をして一度終了しました。
後日お客様より、トイレの交換をしていただけるという連絡をいただき、作業をさせていただきました。
トイレ交換の作業は一度便器とタンクを外し、新しい便器を取り付けるため、排水部分を加工して新しい便器を取り付けて完了です。
最後に水漏れがないかを確認し終了しました。