富士市宮島 洋式トイレ詰まり修理

富士市宮島洋式トイレ詰まり修理
今回はトイレ詰りの修理の説明をします。
お客様からお電話を頂き、2階のトイレが詰まったので時間の空いている時に来てくれないとお問い合わせがありました。お電話ではそんなに慌てている様子がないようでした。すぐにお伺いできることを伝え、お客様のお宅へ伺わせていただき、すぐにトイレを点検させてもらいました。トイレに入って便器を見てみると詰まっている様には見えませんでした。
一度トイレのお水を流してみると、水位がどんどん上がっていき、お水が流れていきませんでした。お客様にお話を聞いてみると、昨日の夜急にこんなことになってしまったと言われ、何か固形物を落としたようにも無いようでしたので、一度点検してみました。
修理方法を考えるため、まず便器内の水を汲みだして、長いゴム手袋を装着して便器内に手を入れて調べてみました。手を入れてすぐの場所で詰まっているのなら、搔き出してあげればそれだけで詰りは解消されます。
しかし手を入れても何もないため、便器内の奥の方で詰まっている可能性があります。
今回は便器内の奥の方で詰まっていると思われるため、ローポンプを使い詰りの除去をすることにしました。ローポンプで3回ほど水圧を掛けてあげると、詰りは解消されました。
私達が使っているローポンプという専門の道具を使う事であっという間に詰りが除去できます。
ラバーカップで詰りが除去できない場合は無理をせずに専門の業者を呼んだ方が良さそうです。
殆どのトイレ詰りはこのローポンプで解決できます。
詰りを除去した後、床と便器をきれいにして帰りました。
当社ではローポンプという機械を使っていますが、他社では高圧ポンプという機械を使う業者もあります。この高圧ポンプは一度空気を溜め、溜めた空気を一気に出し詰まっているものを押し出す機械です。トイレの詰りが酷いときこの高圧ポンプを使うと凄い圧力が掛かってしまうため、便器が割れてしまう事が有ります。当社ではローポンプというそこまで強くない圧力で詰りを除去する道具を使用しています。まず便器の割れるということはないので安心して任せてください。
トイレが詰まってしまった時には、一度当社にご連絡ください。