富士市宮島 洋式トイレ詰り修理

富士市宮島 洋式トイレ詰り修理
今回富士市宮島で詰まりの依頼がありました。
依頼内容として、2階のトイレが昨日からお水を流すと、いつもと違うような感じがするので一度見てほしいという依頼でした。
お客様のお宅に訪問して、点検をしてみました。お水を流してみると、たしかに少しおかしいようです。お水を流してみると、お水の流れに勢いがなく、流れ終わったあとに「ゴボッ、ゴボッ」と音がします。そしてトイレットペーパーを流してみると、流れ終わった後にペーパーのカスが少し残っていました。
これは何か詰まっているのかもしれないと思い、便器の中に手を入れ確認してみました。でも何も詰まってはいませんでした。奥の方で詰まっている可能性があります。ここからの作業はどうしても道具を使うしかありません。
お客様には、ローポンプという空気を送り込んで奥で詰まっているものを抜く道具を提案しました。これで詰まりが解消されなければ一度便器を取り外すしかありません。
お客様に了承していただき、まずはローポンプを使うことになりました。
何度かローポンプを使っていくうちに、少しお水が抜けていくように感じました。詰まりが解消されたのか確認のため一度お水を流してみると、初めよりお水の流れは良くなったのですが、少し変な感じがしました。もう一度ローポンプを使い同じ作業をもう一度繰り返し確認をしてみると、先程と症状は変わりませんでした。何か奥の方で、固形物が詰まっているのかもしれないので一度便器を取り外してみるしか無いと思い、お客様に事情を説明し、便器脱着を行うことになりました。
便器を外し裏返して中を確認してみると、何か引っかかっていました。お客様をお呼びして、引っかかっているもをとり、一緒に確認してみるとそれは綿棒でした。綿棒が穴を少し塞ぎ、流すたびにトイレットペーパーなどが少しずつ絡みとられ、お水の流れがおかしくなってしまったのが原因でした。
綿棒を取り除き便器を元の状態に戻し、ペーパーを何度か流して、お水の流れが正常に戻ったので終了しました。
もし御自宅のトイレが詰まってしまう事がありましたら、一度ホームセンターなどに売っているラバーカップを使ってみるといいと思います。専門業者を呼ぶと時間がかかってしまいトイレに行くことを我慢しなければいけないので、簡単な詰りでしたらラバーカップで詰りを除去することが出来るので一度お試しください。
それでもどうしても手におえない時は一度私どもにご連絡ください。