富士宮市内野洗面蛇口修理

富士宮市洗面蛇口修理
蛇口が壊れてしまったというご依頼がありました。
洗面蛇口のお水の方のハンドルが閉じても空回りするため閉じてくれません。そのせいで蛇口からお水が常にでている状態です。すぐに洗面台の下の扉を開け中に止水栓という、お水を止めるための箇所があるため、すぐに止水栓でお水だけを止めました。
お客様にはこれでひとまずは、安心していただき、蛇口の点検をさせてもらいました。
お使いの蛇口はハンドル式のタイプでしたので、一度全部分解してどこの部品が悪いのか調べることが出来ます。念のため事故が起こってはいけない為、お客様に一度家全体のお水を止めさせてもらい作業に移りました。
蛇口を分解し悪いとこを見ると、スピンドルと言う部品が劣化していたため、ハンドルが空回りしてしまい、お水が漏れていました。
スピンドルとは、ハンドルを左へまわすとスピンドルが上がり、パッキンと本体の弁座にすき間ができて水を出すものです。
幸いな事に蛇口が細かく分解できる物だったので、破損してしまった部品の交換ができます。
部品は在庫として持っており、すぐに交換ができます。
今回はスピンドルの交換で終了しました。
これが最近の蛇口でしたら、部品だけの交換ができなかったかもしれません。もしくは部品交換できる物でも、取り寄せに時間がかかる事もあります。その時は蛇口の交換か部品の取り寄せを待っていただかなくてはなりません。
蛇口にも色々と種類が有ります、今回の蛇口は単水栓と言われており、よく目にするのが洗濯用の蛇口が有ります。この蛇口だと上記で述べたように細かく分解できるので、修理や便利な部品の交換がすぐにできます。
例えば単水栓はハンドル式が主流ですが、ハンドルを回して水を出すのが嫌な方には、最近の蛇口の様なレバー式に部品交換だけでできます。
当社は急な水のトラブルを迅速に解決する為に様々なタイプの蛇口や部品を車内に在庫しています。