富士市吉原洋式トイレ詰り修理

富士市吉原洋式トイレ詰り修理
一般のお客様より洋式トイレが詰まってしまったので直して欲しいと電話を頂きました。
電話にて事情をお聞きしたところ、掃除用のティッシュを大量に流してしまいトイレが詰まってしまったようです。
お宅に急行しトイレを見たところ、少しお水は引いていましたが、試しに少しお水を流してみたら水位が上がってきました。やはり詰まっている状態です。
お客様のお話では以前から何度も詰まっている様ですので、今回は便器本体の詰りではなく、外の排水管の詰りではないのかと思い、初めに外の排水マスの蓋を開けて見てみました。
ただ今回は外で詰まっている様子はありませんでした。これは便器の中で詰まっている感じでしたので、これならローポンプを使えば、詰まりは直りそうでした。
もう一度トイレに行き便器をみてみました。やはり便器の中の水は引いてないようなので、お客様には作業としてローポンプを使い詰まりを直すことが出来る可能性があることを伝えました。
ローポンプで詰まりを直すと費用も、だいぶ抑えられるため、お客様に了承していただけたので、すぐに作業に移りました。ローポンプを使い何度か水圧を掛けてみると、ごぼごぼごぼと水が抜けるような音がし、便器の中の水が引いて行きました。
詰まりが取れた証拠です。そのあと何度かトイレのお水を流して、便器の水位が上がらないことを確認し、問題がないようでしたので作業は終わりました。
ローポンプを使い詰まりが取れないようでしたら、便器の中で何か固い物、トイレットペーパーの芯や女性用ナプキンのような物が詰まっていることがあります。この場合一度便器を取り外して作業をしないと詰まりを取り除くことができません。もちろん費用も高くなってしまいます。トイレはトイレットペーパ以外流さないように皆さん気を付けてください。
最後に今回はローポンプを使いましたが、万が一ご家庭でトイレが詰まって場合、ラバーカップというものがホームセンターなどで販売しておりますので、一度そちらを使ってみるのも良いかもしれません。軽度詰まりならこのラバーカップで直すことが出来ます。
それでもどうしても手におえない時は一度私どもにご連絡ください。