富士宮市 トイレタンク部品交換

富士宮トイレタンク部品交換
一般のお客様からトイレのお水が止まらないからすぐに来て直してほしい依頼を頂きました。
お客様がすごく慌てておられたので、一度落ちつてもらい、トイレタンクの横あたりにトイレのお水を止める栓(止水栓)があると思いますので、ハンドルタイプならそのまま手で回してもらえばお水が止まります。もしハンドルタイプで泣けばマイナスドライバーなど回すことが出来ることを説明し、すぐにお宅へ向かいました。
お客様のお宅へ着き、すぐにトイレの点検をしました。トイレタンクの蓋を開け中をのぞき、なぜトイレの水が止まらないのか原因を調べました。すぐに原因はわかりました。オーバーフロー管が折れていたため水が止まらなくなってました。
オーバーフロー管とは、トイレの水を流すタンクにも付いていますが、規定量以上の水が、止水弁等の不具合で、水が止まらない場合、タンクから水が漏らない様にするために、中に管があり、管の先よりも水が多くなると、トイレに水か流れてきます。
修理はオーバーフロー管の交換というのはできません。オーバーフロー管は排水弁部の一部分であるため、排水弁部を交換しないといけません。交換するには、一度タンクを取り外します。排水弁はタンクの底の裏側に大きいナットで固定しているため、ナットを取り外すと排水弁が取れます。取れたら新しい排水弁を取り付けてあげます。最後にタンクを取り付けてあげれば終わりですが、その前にタンクと便器の間には密結パッキンというものを付けなければなりません、これはトイレの水を流した時、タンクと便器の間から水が漏れないようにするための部品です。一度タンクを外すと新しいものに交換しなければ水漏れする可能性があるため、新しい物に交換してタンクを取り付けます。
最後にお水を流し水漏れがないかを確認しました。何所にも異常はないようなのでこれで終了です。
トイレの点検ならご自分でもできます。方法としてタンクの蓋を開けて直接黒い弁を触って見てください。
手がまっ黒になってしまうようでしたらゴムの弁が溶けてきているという事ですので黄色信号となります。
お水が止まらなくなってしまう前にメンテナンスとして早めに部品を交換する事をお勧めします。
ボールタップは数千円、フロートバルブは数百円の部品です。ホームセンターでも販売されていますので、お家の簡単な水回りの修理ならご自身でやられているかたなら専門業者を呼ぶより安上がりです。