沼津市若葉町トイレタンク部品交換

沼津市トイレタンク部品交換
トイレのお水が止まらないから直して欲しいという依頼を頂きました。
急ぎお宅を訪問してみると、トイレからチョロチョロと音がしいました。トイレを使ってだいぶ時間がたっているのにまだ水が出ている状態でした。点検のため一度タンクの蓋を開けて中の様子を見てみると、ボールタップから水がまだでており、止まる気配がありません。ボールタップを詳しく調べてみると、浮き玉がお水を止めてくれる位置まで上がってきていない為水が漏れていました。
ボールタップとは、支持棒の先端にボールの浮き玉があり、 水面の上下変動によるボールの変位でお水を出したり止めたりする給水設備です。 水位が下がって給水が必要となると浮き玉が下がることにより、つけ根の弁を開き、給水が始まるしくみです。
他にも悪くなっている部分がないか確認してみると、フロートバルブが悪くなっていました。
フロートバルブとはタンクの中の水を出したり、止めたりする蓋のようなものです。。
フロートバルブを一度指でなぞってみると、指が真っ黒になってしまいます。これはフロートバルブが長年お水につかっている状態なので溶けてしまっています。新品にくらべ少し小さくなってしまっています。小さくなってしまうと
このフロートバルブという部品はゴムでできており、パッキンの様に比較的劣化が早い部品です。
今回のお宅ではフロートバルブとボールタップを交換して直す事ができました。
最後にトイレの水漏れの時の応急処置をお伝えします。
トイレタンクの左横あたりにトイレタンクだけのお水を止める栓(止水栓)があると思いますので、それをマイナスドライバーか、無ければ10円玉で時計回りに回してください。ここでお水を止めることが出来ますので慌てずにしてください。