洗面蛇口交換・お客様の声洗面所の蛇口からお水が漏れているというご依頼でした。
お電話ではお水がすごい漏れていると言われていたので、応急処置として洗面台下の扉の中に止水栓という箇所があるのでそこでお水を止めて頂きました。
到着しまずはどの様な蛇口をお使いか確認しました。お使いの蛇口はシャンプー水洗と言われるものでした。
詳しく点検してみるため、少しだけ止水栓を緩め通水したところ、蛇口のお水を出したり止めたするレバーからお水が漏れていました。この水漏れはレバー部分の中にカートリッジという部品があり悪くなってしまっため、水漏れをおこしてしまいました。修理するためにはこのカートリッジの交換をしなければならない為、蛇口の型番を調べてみると、型番が書いてあるシールの文字が消えていました。お客様によると、15年ほど使用されていた蛇口なので文字がどんどん薄くなり、最終的には文字が消えてしまったようでした。これでは部品をお取り寄せすることができません、車の中に在庫として蛇口が一つ持っており、今すぐになら交換はできることをお伝えすると、交換修理になりました。
蛇口の交換はそれほどお時間はかかりません、蛇口から給水、給湯に接続されている部分を外し、洗面台したの扉の中から蛇口本体を固定しているので、固定しているナットを外すと蛇口が取れます。あとは新しい蛇口を取り外した逆の順序で取り付けてあげると完了です。最後に通水して、水漏れがないかを確認して終了です。
蛇口にはいろいろなタイプがあります、蛇口の水を出したり止めたりする部分がレバータイプやハンドルタイプあとセンサーで感知するものまであります。今回はレバータイプでした。
レバータイプだと部品での修理も可能です、ハンドルタイプと違い型番にあった部品が必要なためお取り寄せになってしまい、修理に少し時間がかかってしまいます。
蛇口はメーカー発表で10年ぐらいと言われており、10年以上使われ蛇口の水漏れなどした時は交換も検討してみてください。
もし蛇口が水漏れした時は当社にご連絡下さい。