富士市鷹岡本町 トイレタンク部品交換
トイレのお水が止まらないから直して欲しいという依頼を頂きました。
電話でお客様のお話しを聞いている最中もトイレのお水が出っ放しで、少々慌てていらっしゃるご様子でした。
お客様のお宅に到着するまでの間、お水が出っ放しですと水道代がもったいないですので、トイレタンクの左横あたりにトイレタンクだけのお水を止める栓(止水栓)があると思いますので、それをマイナスドライバーか、無ければ10円玉で時計回りに回してくださいと伝えました。
幸いなことにマイナスドライバーがお家にあったので無事お水を止める事が出来ました。
皆様も知っておいた方が得かもしれません。
すぐに点検を始めました。今回はお客様にお水を止めておいて貰いましたので、まずは便器の中をみて水が溜まっている部分に波紋がないかをかくにしました。波紋があると常にタンクの中の水が少しずつ漏れています。これはタンクの中のフロートバルブが悪くなっている可能性があります。点検してみた所波紋がありませんでしたので、違う部品が悪くなっています。次に一度止水栓を緩め水漏れ具合を確認してみると、ボールタップという部品があります、このボールタップには浮きが付いており、タンクの中の水位が上がるとこの浮きも上昇しお水を止めてくれる仕組みになっています。水漏れの原因はこの浮きが上がりきられず、ボールタップをよく見てみると金具の部分が錆びていたため動作不良をしてしまい水漏れの原因になってしまいました。
今回の水漏れはボールタップの交換をして頂ければ直すことが出来ます。
ボールタップの交換方法は、タンクの横に給水管が繋がっていますの、接続部分はナットで締めているだけなので、外して漏れらい、ボールタップもナットでタンクに固定してるだけなので外してもらうと、ボールタップ本体も外れます。
取り付けは取り外しと逆にすると取り付けることが出来ます。
最後にボールタップの動作を確認し水漏れがないかを確認して終了です。
このボールタップの交換は簡単にすることが出来ます。手順先ほと上で書いたとおりです。部品はお近くのホームセンターなどでお買い上げできます。一度交換してみるのも良いかもしれません。
自分ではできないかもしれない方は、当社にご連絡下さい