富士市境トイレ止水栓水漏れ修理・お客様の声
止水栓水漏れ修理について紹介します。
トイレの便器の横に止水栓という部分があります。ここからお水が漏れているという依頼でした。
止水栓とはトイレなどで水漏れが起こってしまった場合、トイレだけお水が使えないように、お水を止めてくれる部品です。
点検してよく見てみると、お水も漏れていましたが、止水栓も錆てきていました。錆びてくると、止水栓のねじ山の部分の厚みが薄いため、割れたりなどして水漏れの原因になります。そのため今回は止水栓の交換を薦めました。
でも今回は、お水を止めるための所で漏れてしまっていたため、家全体のお水を止めなくてはなりませんでした。止めるためには屋外にある量水器と書かれた蓋があります、その中にバルブがありますので、閉じてあげれば家全体のお水は止まります。
今回は修理と言っても交換になりますので、まずは今付いている止水栓を根元から取り外して、新しい止水栓にシールテープを巻きヘルメを付け壁にでている給水管に取り付けます。最後にフレキ管を接続しお水を通して、水漏れがないかを確認して終了です。
この止水栓は、ご家庭のあらゆるところに付いています。トイレ、台所、洗面台、もし蛇口やトイレからお水が漏れた時は、慌てずに止水栓で止めることが出来ますので覚えてお得ておいてください。